入眠時にビクッとなる、入眠時びくつきの対処方法


眠った瞬間にビクッとなる、入眠時びくつき(ミオクローヌス)


眠った瞬間にビクッとなる、入眠時びくつき(ミオクローヌス)


疲れてたくさん眠りたい日に限って発生する、

入眠時びくつき。ビクッ!!!!!!

入眠時のミオクローヌスとも言います。

眠った瞬間にビクッとなるから、

ばっちり目が覚めてしまい、再び眠るのが難しくなる。

そういった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

特に不眠症の方はせっかく眠れたのに、全然眠れなくなってしまいますね。


この入眠時びくつき、通常は片足で発生することが多く、

まれに両足だったり、腕や頭首だったりもします。

いずれのビクッも、入眠を阻害するだけで何もメリットはありません。




ビクッと同時に光も降り注ぐ場合がある


ビクッと同時に光も降り注ぐ場合がある


入眠時びくつきと同時に、フラッシュを焚いたように

明るい光が降り注ぐ場合もあります。

ピカっと光るので、これまたやっかい。

完全に覚醒して目が覚めてしまう場合もあります。




入眠時びくつきの「ビクッ!」で睡眠障害に発展する場合も


入眠時びくつきの「ビクッ!」で睡眠障害に発展する場合も


入眠時のぴくつきは様々な年齢層で起こり、

子供よりは圧倒的に大人に多い現象です。

病気ではなく生理的現象の一つと考えられています。

ですので、そんなに心配する必要はないのですが

普段から睡眠に不安がある人の場合、

ぴくつきに対する不安が強くなってしまい、

睡眠障害を起こすことや、

不安感からびくつきの確率が上がってしまう場合があるので注意が必要です。




入眠時の「ビクッ」の原因は覚醒状態から睡眠への移行時の問題


入眠時の「ビクッ」の原因は覚醒状態から睡眠への移行時の問題


入眠の際は、脳が覚醒した状態から睡眠に移ります。

そして、精神的に疲れている時には、覚醒状態から

入眠の際に脳の働きが不安定になりやすいです。

疲労が蓄積していると入眠の際の覚醒状態からの移行が

一層不安定になり、どうしても入眠時のびくつきが多くなってしまいます。




では、どうすれば入眠時の「ビクッ」を防ぐことができるでしょうか?


では、どうすれば入眠時の「ビクッ」を防ぐことができるでしょうか?


入眠時のびくつき、ミオクローヌス対策としては、

・体の疲れを残さないよう、毎日しっかり眠る。

・タバコをやめる。

・カフェインを控えめにするなどが挙げられます。

・激しい運動を控える


体の疲れを残さなければ、覚醒状態から入眠はスムーズに行きますし、

タバコやカフェインは覚醒状態が強くなってしまうので、

入眠時のびくつきは発生しやすくなってしまいます。

激しい運動をした場合も、特に夜に激しい運動をした場合、

体が覚醒状態になりやすく、入眠時のびくつきが発生しやすくなります。


これらを気をつけていれば、入眠時のびくつきは発生しにくくなりますので、

可能な範囲で対応すると良いでしょう。

あまり意識しすぎると、それがストレスとなり、

睡眠時のびくつきを呼び寄せてしまうので、注意が必要です。




もっと簡単に入眠直後のびくつきとを防ぐ方法がある!


もっと簡単に入眠直後のびくつきとを防ぐ方法がある!


睡眠時びくつきに、ほぼノーリスクでかつ効率的に

対応する方法があります。

それは、あらかじめ入眠前に

「北の大地の夢しずく」

というサプリメントを飲むことです。


なぜサプリメント?

睡眠薬でも入眠は改善されるので、メリットは有るのですが、

サプリメントの方がリスクが低く、

睡眠の深さ改善、朝の目覚めにもメリット大です。

(睡眠薬は目覚めが悪くて困ります・・・)


快眠のサプリメントは数多くあるのですが、

入眠にメリットを体感できたのが、北の大地の夢しずくです。

北の大地の夢しずくを飲んで眠った時は、

入眠時のびくつきは発生したことがありません。

(個人的体感ですのでご了承ください)


こちらの公式サイトで購入すると最安値です!

睡眠薬と違って副作用も無いので安心です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓









不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ