入眠時に肛門が締め付けられ痛くて眠れない!突発性肛門痛の対処法


眠ろうと思ったら襲ってくる痛み!


眠ろうと思ったら襲ってくる痛み!


寝付いた瞬間に、襲ってくる肛門を締め付けるような痛み。

耐えきれない痛みではないけれど、必ず目が覚めてしまい、

知らぬふりをして再度寝ようと思っても、もう一度痛みが襲ってきます。

そんなアナタの症状は「突発性肛門痛」というものです。

疲れている日や、たくさん眠りたい日に限って襲ってくる痛み。

その対処法をご紹介いたします。




突発性肛門痛をはじめて体感して


突発性肛門痛をはじめて体感して


この突発性肛門痛ですが、初めて症状が出た人は、

恐らくネットで検索したのではと思います。

ひょっとしたら重病?

・・・と疑いながら調べていくと、自分の症状が判明。


特に病気があるわけではないけど、

夜、特に眠る直前に肛門が締まるような痛みに襲われるなら、

それは突発性肛門痛で間違いないと。


医者に行く必要もないようですし、

心配も無用ですが、何と言っても眠れなくなるのが困りもの。




眠れなくなる突発性肛門痛の対処法


眠れなくなる突発性肛門痛の対処法


早速ですが、私の経験から突発性肛門痛の対策を紹介します!

○当日あらかじめできる予防策

 できるだけ便を出し切っておくことが大事です。

 朝イチで大便に行く人は多いと思います。

 それ自体は問題無いのですが、できれば午後からもう一回行ってください。

 午後から一回排出しておくと、ほとんど発生することはありません。

 ただし、寝る直前にした場合、

 何故か突発性肛門痛が発生しやすいので、注意してください。

 ですので、寝る数時間前までに完了させておくのが良いと思います。


○発生してしまったら!

 一度発生してしまった突発性肛門痛。

 その日に再発させないための防止方法は

 とにかく便を排出してしまうことが大事です。

 寝る前って、結構固い場合が多いので大変です。

 全てを排出するのはなかなかに骨が折れます。

 ですが、一度発生してしまった突発性肛門痛を再発させないためには、

 多少時間をかけてでも全て排出した方が良いです。

 中途半端で再び寝ようとすると、

 眠った瞬間にもう一度襲ってくる確率が高いです。




突発性肛門痛を根本的に治すには?


突発性肛門痛を根本的に治すには?


まず一つ目、突発性肛門痛の根本原因は、肛門の筋肉の衰えです。

肛門の筋肉が衰えてその結果、自分の意識と関係なく

過剰に肛門を閉めようと頑張ってしまうのだそうです。

この対策は筋肉を鍛えるしかありません。

普段から肛門を締め付ける体操をして、筋肉の衰えを防ぎましょう。


そしてもう一つお原因はストレス。

精神的に緊張状態になると、肛門括約筋が必要以上に頑張って、

突発性肛門痛が発生してしまいます。

この対策は肛門の血行を良くすることで回避できます。

ストレスで血流が悪くなって突発性肛門痛が発生するので、

お風呂にゆっくり浸かるなどして、

血流を改善してあげましょう。



突発性肛門痛、肛門神経痛、肛門疝痛発作とも言うようですね。

星野源さんがテレビで「モニカ病」とも。

そういったネーミングもあるようです。




突発性肛門痛対策は、地味に継続するしかありません。

サプリメントで効率良く取り組んで、毎日安心してぐっすりと眠れるようになりましょう!



不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ