寝る前のスマホで不眠症が悪化。何分前にやめれば良い?改善方法も!


寝る前にスマホをいじると眠れなくなる


寝る前にスマホをいじると眠れなくなる


24時間スマホと一緒!

という人も最近は多いのではないでしょうか。

起きている間は常に携帯して、夜寝る時も枕元においている。

朝の目覚ましから、昼間の情報交換、夜の娯楽ゲーム。

スマホとは切っても切れない生活を送っている人も多いことと思います。


ここで睡眠との関係を考えてみましょう。


昼間スマホを使うのはそんなに影響はないですが、

夜、特に眠る前にスマホを使うと、睡眠全般、

特に入眠に悪影響を及ぼしてしまいます。


スマホで行う作業にもよりますが、

私の体感ではざっくり30分−2時間位前にはスマホを手放したほうが、

睡眠改善にはメリットがあるようです。




ベッドに寝転びながらのスマホいじりは最悪の行為


ベッドに寝転びながらのスマホいじりは最悪の行為


寝る直前、ベッドに寝転がってスマホをいじる。。。

そんなことをしていませんか?

特に部屋を暗くしてからスマホをいじったり、

寝転んで小さい画面を眺めるのは、視力に悪影響を及ぼします。


暗い部屋では瞳孔が大きく開いて、

そこにスマホの光が飛び込んでくるので、

目にも神経にも最悪の行為です。

神経が逆撫でされて眠りが浅くなってしまいます。

今すぐにでも改善するようにしましょう。




ブルーライトが神経を逆なでして不眠症発生


ブルーライトが神経を逆なでして不眠症発生


光には波長があります。

青色が短い波長、赤色が長い波長です。

波長は短いほどエネルギーが強く、

目の奥の網膜に刺激を与えてしまいます。

紫外線は、青色波長より更に波長が短く、

非常にエネルギーが強いので、目や体に悪いことで知られています。


スマホから発せられる光のうち、

白色や、青色にはブルーライトが含まれています。

ブルーライトは可視光の中では最も波長が短いものの総称で、

これが寝る前に目に入ってくると、

神経が逆撫でされて、入眠に悪影響を及ぼします。

もちろん、視力にも悪影響ですから、良いことは何一つありません。

寝る前のスマホはできるだけ改善しましょう。




ゲームは興奮、緊張状態になって長時間影響が続く


ゲームは興奮、緊張状態になって長時間影響が続く


スマホの光にはブルーライトが含まれていて、

それが睡眠に悪影響を及ぼすということは先程説明しました。


更に睡眠に悪いのが、スマホのゲーム。

ゲームは独特のピコピコ音が良くないですし、

興奮状態にもなりやすいので睡眠への悪影響は計り知れません。


ゲームをした夜、まぶたを閉じるとその映像が現れて眠れなかったという

経験をお持ちではないでしょうか。


ゲームは時間の無駄ですし、健康にもよくありません。

軽く楽しむ程度に留め、夜には行わないようにしましょう。




では何分前にスマホをやめれば良い?


何分前にスマホをやめれば良い?



冒頭で、眠る30分−2時間前にスマホをやめれば良いと

説明しましたが、大枠は以下のとおりです。



・メールのチェック、GOOGLE検索等

メールのチェックやGOOGLE検索程度でしたら、

眠る30分前にやめれば、ほとんど睡眠に影響はありません。



・メールを打つ

文章を考えると、脳をフルで働かせることになりますから、

脳が熱くなってしまいます。

ですので眠る1時間くらい前にはやめておいたほうが良いです。



・ゲーム

ゲームは昼間であってもできるだけしないほうが良いですが、

強いて言うなら眠る2時間位前にやめれば、

睡眠への影響は最小限に抑えることができます。




では、寝る前のスマホで発生する不眠症を改善する方法は??


寝る前のスマホで発生する不眠症を改善する方法は??


それでもどうしても夜までスマホを触っていたい人は、

快眠サプリメントがおすすめです。


快眠サプリメントは数多くあるのですが、

スムーズな入眠を体感できたのが、北の大地の夢しずくです。

北の大地の夢しずくを飲んで眠った時は、

気がつくと眠っていて、朝まで目が覚めることも少なくなります!

(個人的体感ですのでご了承ください)


こちらの公式サイトで購入すると最安値です!

睡眠薬と違って副作用も無いので安心です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓







以上、スマホは手放すことができないツールではありますが、

夜のスマホはほどほどに。




不眠症を市販の睡眠薬を使わず自力で治す方法!タダの手法〜サプリ トップページ

FX業者