いびき対策!パートナーのいびきを止めて自分の不眠症を改善。


○いびき対策!

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害に有効!

⇒10点


パートナーのいびき


パートナーのいびき。

こればかりは自分が何を努力したって眠れません。


パートナーだけでなく、いびきがひどいということは、

睡眠時無呼吸症候群になっている可能性が高いです。

睡眠の質も悪いため、朝起きても疲れが残って

実質は寝不足不健康な状態になっています。




いびきは放っておいてはいけない


いびきは放っておいてはいけない


「うるさい」程度で済ませがちないびき問題。

そのいびき、放っておくのは危険な可能性があります。

いびきの基本的なメカニズムは、

空気の通り道である上気道が狭くなり、

狭くなった上気道で呼吸しようとすると摩擦音生じるものです。


いびきは周囲の不眠を誘発するだけでなく、

本人の睡眠の質も低下させてしまいます。

睡眠時無呼吸症候群を併発している可能性があるので、

注意が必要です。




いびきの原因は口呼吸


いびきの原因は口呼吸


睡眠中に無意識に口で呼吸をしている人って、案外多いのかもしれません。

口呼吸をすると重力で舌下が下がって上気道が狭くなってしまいます。

口呼吸は喉が乾燥したり、口の中に最近が繁殖しやすくなったりします。

睡眠を阻害する以外にも多くのデメリットがあるのでます。




肥満もいびきの引き金に


肥満もいびきの引き金に


肥満もいびきの原因のひとつです。

喉の周辺に脂肪がつくと、

上気道を狭くしやすい状態になります。

眠る姿勢になると重力が加わり、

さらに上気道を狭くしていびきが発生します。




疲労やストレスもいびきの原因


疲労やストレスもいびきの原因


身体が疲れきっていると、喉の周辺の筋肉がゆるんで

舌下が喉の奥に落ち込みます。

やはり上気道が狭くなり、いびきが発生しやすくなります。


疲労やストレスは直接不眠に繋がりますが、

いびきは間接的な不眠症にもつながるので、

普段から気をつけるようにしましょう。




アルコールもいびきの原因に


アルコールもいびきの原因に


アルコールの摂取も喉の周辺の筋肉がゆるんで、

上気道が狭くなってしまいます。

アルコールを摂取すると鼻が詰まって、

口呼吸につながりやすくなるためです。


アルコールの摂取も直接な不眠に繋がりますが、

いびきで間接的に不眠になってしまいます。

できるならば飲酒は控えたほうが良さそうです。





かなりのイビキストでも、

このサプリはいびきが改善します。

爆音いびきでも、数日続けたら簡単に消えます。


いびきストップの公式サイトはこちらで。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kenkouichiba.com/item/silentnight/






更に快眠効果を得たい人はこちらを参考に

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ