遮光カーテンで部屋を暗くして早朝覚醒を改善!


○遮光カーテン

早朝覚醒に有効!

⇒4点






○寝室は暗くして寝ましょう




これは案外誰もが知っていることかもしれません。

寝る部屋の電気の小球をつけていたり、

隣の部屋が明るかったりすると、

睡眠が浅くなるので、できれば真っ暗な部屋で寝ましょう。

といったものです。


便宜上、小球をつけて寝る人も多いかもしれませんが、

睡眠の質を重視するのであれば、

やはり真っ暗にして眠ったほうが良いですね。




○では、朝方部屋が明るくなると?




冬の時期は日が短いですから、

朝6時くらいでもまだ暗くて、あまり気になりません。

しかし、春先から日が長くなってくると、

方角によっては直接朝日が当たり、

部屋が明るくなってしまいます。


早寝早起きの方は、太陽の光を浴びて目覚めるので

快適な目覚めを得ることができるかもしれませんが、

遅寝遅起きの人は部屋が明るくて目が覚めてしまうかもしれません。




○不眠症の人は遅寝遅起きが多い




ここで少々脱線しますが、早寝早起きで不眠症の人って、

割合的に少ないと感じます。

眠れないからとダラダラ起きている人が

不眠症になるケースは多々あると思います。




○朝起きるのが遅いなら、部屋のカーテンを遮光タイプに!




もし、どうしても早寝早起きができない、

そして、早朝覚醒の症状がある方。

そんなアナタは部屋のカーテンを遮光にするだけでも、

朝方ぐっすり眠り続けることができるようになります。

遮光カーテンの威力は案外強く、

多少ならば太陽光が差し込んでも、部屋は暗いままです。

朝方になっても部屋が暗ければ、

少なからず快眠に有利に働きますので、

不眠、特に早朝覚醒に悩んでいる方は是非とも遮光カーテンをオススメします。




○遮光カーテンは隙間なく設置する




ここで忘れてはいけないのが、カーテンの長さや幅です。

うっかり間違えて少しでも短いものにすると、

全く遮光カーテンの意味が無くなってしまいます。

カーテン自体は遮光しているのに、

隙間から光が漏れてくると、むしろその漏れが気になる場合もあるので気をつけましょう。


加えて、サイズはピッタリでも、

遮光カーテンの締め方が甘くて隙間ができることのないように気をつけることも大事です。










更に快眠効果を得たい人はこちらを参考に

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不眠症を市販の睡眠薬を使わず自力で治す方法!タダの手法〜サプリ トップページ

FX業者