ヨーグルトで眠りが深くなる。不眠症改善効果


寝る前のヨーグルト

4点


「10点(効果大) > >  > 1点(効果小)」



ヨーグルトで不眠症改善


眠る前のホットミルクは、睡眠を深くしてくれる。

これは不眠症の人には結構有名ですよね。

皆さんも一度は試したことがあるかもしれません。



牛乳には様々な栄養分が含まれていますが、

主な快眠成分としては

ビタミンB12、ビタミンB6、トリプトファンが

挙げられます。


いずれも、睡眠を深くして、

中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害を大幅に緩和してくれます。

私の場合は、間違いなく明らかな不眠改善効果があります。



・・・ところで、日本人は元来牛乳を消化する酵素が少なく、

おなかがゴロゴロする人が多いと聞きます。

特に冷たいまま飲むとトイレに直行してしまい、

眠るどころではない人も多いのではないでしょうか。



そういった人はホットミルクにすると良いのですが、

それよりも更に消化吸収効率が良く、

お腹がゴロゴロしないのがヨーグルトですね。



ヨーグルトは、消化吸収が良いだけでなく、

整腸作用があったり、

コレステロール値を下げる場合もあるとのことです。


乳製品は牛乳を始めとして、

特にチーズやバターはコレステロール値が上昇する傾向にあります。

しかし、ヨーグルトだけはむしろ下げる効果もあるそうです。




では、このヨーグルトを、いつどれくらい摂取すると、

快眠にとってベストでしょうか?


結論から言うと、ヨーグルトを夕飯後〜寝る前までに

200g程度摂取すると、明らかに睡眠が深くなります。


300g程度摂取すると、もう少し睡眠が深くなりますが、

毎日300g食べるのは結構ハードですよね(・_・;)

それに、お腹がいっぱいになりすぎても、

不眠には悪影響ですので、300gはちょっと多すぎですね。


逆に100g程度だと、睡眠効果は感じにくいので、

200g前後がベストな睡眠剤と考えています。



更に、気をつけなければいけないのが、糖分の摂取。

市販の(あまーい)ヨーグルトを200g摂取しようと思うと、

2個以上食べる必要があり、

それだけで砂糖20g以上の摂取となってしまいます。

ジュース1本分くらいになるので、

不眠より肥満が促進されそうです(;´∀`)


なので、プレーンヨーグルトがベストだと思います。



好き嫌いはあるかもしれませんが、

野菜サラダにドレッシングの代わりに

プレーンヨーグルトをかけると、

飽きずに食べ続けれるし、

飽きてきたらサラダの野菜を少しずつ変更すると、

継続ができ、不眠にも健康にも最高です。




牛乳・ヨーグルト・豆乳。

いずれも快眠効果が得られます。

睡眠剤としての効果はほぼ同等だと感じます。

あとはお好みですね!



健康+不眠症改善として、

是非皆さんにもお試しいただきたいです。



不眠症を市販の睡眠薬を使わず改善した方法!タダの手法〜サプリ トップページ

FX業者