ぐっすり眠るならタンパク源は肉より魚で


○タンパク源は肉より魚で

中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害に有効!

⇒2点


タンパク源は肉より魚で


人間が生きていく上で必要なタンパク源。

肉や魚から摂取するのが基本ですが、

快眠に有効なのは魚です。


中でもサンマやイワシのような青みの魚。は、

DHA、EPAのメリットで快眠をもたらします。

健康にもメリットがあるのでオススメです。




誰でも知ってる。魚は健康に良い


誰でも知ってる。魚は健康に良い


肉も魚も美味しいですが、それは好みの問題。

どちらも大事なタンパク源です。

(タンパク源としては大豆もありますが、

この大豆・豆乳も不眠症にはメリットあります)

肉料理は簡単ですが、魚は焼くだけでも手間がかかります。


最近は肉の消費が増えて、魚の消費はやや減少しています。

外食をする場合もやはり肉料理が多いですよね。

でも、睡眠には魚のほうが良いのです。

その大きな理由は

DHAやEPAが含まれている
・消化に良い

が挙げられます




DHAとEPA


DHAとEPA


特に青魚の油に多く含まれるDHAとEPA。

いずれも神経を沈静化する作用が知られています。

DHAとEPAを摂取して眠ると、 明らかに睡眠が深くなります。

夜中に目が覚めたり、朝方目が覚めたりする回数は明らかに減ります。

不眠症の改善には明確に効果がありますし、

血液サラサラ効果も期待できるので、

デメリットはありません。




消化に良い


消化に良い


肉は脂肪が多く、しかも消化に時間がかかります。

その点、魚は脂肪が多くても健康に良い油ですし、

消化にも時間がかかりません。


消化に時間がかかると

眠っている間も胃腸がフル稼働していることになります。

眠っている間も腸が頑張っていると、

体が疲れて、眠りが浅くなってしまいます。


ちなみにですが、夕飯の量を減らすと、 睡眠は深くなります。

こちらもぜひ一度お試しを。




ビタミンB


ビタミンB


ビタミンBを摂取すると、

睡眠中に疲労回復ホルモンの効率が改善されます。

疲労回復が早くなり、

睡眠中に目が覚めることが少なくなるし、

目が覚めた時の疲労感も明らかに改善されます。

ビタミンBはマグロやカツオに多く含まれています。


ちなみにですが、ビタミンBは肉でも魚でも摂取できます。

肉であっても、摂取量を程々にしておけば、

眠りを阻害することはありません。



魚の摂取で健康になって、毎日グッスリ不眠症改善しましょう!



更に快眠、不眠症改善効果を得たい人はこちらを御覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不眠症を市販の睡眠薬を使わず自力で治す方法!タダの手法〜サプリ トップページ

FX業者