適度な運動をすると本当に眠れる?


適度な運動をすると本当に眠れる?

1点


「10点(効果大) > >  > 1点(効果小)」


運動すれば眠れる?


適度に体を動かして、体を疲れさせると朝までぐっすり!

これって、良く聞くフレーズです。


不眠の人って、精神ばかりが疲れ果て、

体は疲れていないのであまり眠れない。

それならが、体を疲れさせればぐっすり眠れる

といったイメージですね。



ですが、私の場合ですがあまり快眠効果は体感できません。

といいますのも、サラリーマンである私が運動するとなると、

仕事上がりの20時以降になります。


サラリーマンである私が運動


そうすると、夕飯の時間がおかしくなります。

寝る直前の夕飯は眠るを阻害しますし、

逆にあまりに早く夕飯を食べると、

お腹が空いてなかなか寝付けないといった感じです。


そして、20時以降に運動をすると、

体が火照って、夜中に何回も目が覚めてしまいます。

特に激しい運動をすると最悪です!

激しい運動をすると最悪です

不眠症に陥っている時は非常に敏感で、

ちょっとしたことで夜中に目が覚めたり、

入眠も悪くなってしまいます。


運動をするなら、昼間や夕方が良いですが、

普段運動をしない人が突然運動をすると、

必要以上に体が疲れて、夜中に何回も目が覚めてしまいます。


長時間眠ること自体も、

やはりメンタルとフィジカルのバランスが重要で、

片方でも狂うと、全然眠りが浅くなってしまいます。


特に入眠障害や中途覚醒、熟眠障害の場合、

ちょっと体が疲れただけで、眠りが浅くなってしまいます。


ただ、運動した当日は割合眠りが浅くなるのですが、

運動したその翌日、翌々日はぐっすり眠れます。


特にそれが土日だったりすると、

むちゃくちゃ長時間眠ることも可能です。


もし運動をするなら、曜日を考えて、

疲労度もよく考えて運動をする必要があります。



とは言いましても、健康のためには、

時々運動をすることも大事です。

時々運動をすることも大事

それに、定期的に体を動かすようにすれば、

運動した疲れで目が覚めるようなことも無くなり、

不眠症も改善するのかもしれません。


運動したらしっかり眠ろう


この文章を書きながら、私も少しずつ運動をして、

体も心も健康にしようと感じました。


地道に運動をして、不眠症を改善し、

体も若返りを目指しましょう。


いずれにしても不眠症の人が安直に夜運動すると、

眠れなくなってしまうので注意しましょう!



不眠症を市販の睡眠薬を使わず自力で治す方法!タダの手法〜サプリ トップページ

FX業者