塩分を控えめにして不眠症を予防


○塩分を控える

⇒2点

中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害に有効!


塩分を控えめの食事にすると眠りが深くなります


塩分を控えめの食事にすると眠りが深くなります。

寿司、ラーメン、かけそば、丼物。

これらは普段何気なく食べている食事ですが、

塩分がたっぷり含まれています。

塩分の多い食事をとると、眠りが浅くなります。


夜中に目が覚めたり、

朝方目が覚めて、再び眠れなくなったりしてしまいます。




塩分で眠れなくなるって本当?


塩分で眠れなくなるって本当?


特に何をしたわけでもないのに、

何故か夜中に目が覚める時ってありませんか?

もちろん、仕事や家庭のことでストレスを感じたり、

強い考え事があったり。

眠れない要因にはいろいろあると思います。


しかし、そういった理由もないのに眠れない場合、

夕飯に塩分が多かった場合が考えられます。


特に、外食した場合は基本的に塩分が多いので、

気をつけなければいけません。




水分不足や神経バランスの崩れ


水分不足や神経バランスの崩れ


塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分が増え、

水をたくさん飲みます。

水をたくさん飲んで寝れば、トイレに行く回数が増えて、

睡眠は浅くなってしまいます。


また、快適な睡眠を得るには、

水をたっぷり飲んで寝ると良いのは別でも説明しています。

塩分の過剰摂取では体内の水分が不足するので、

眠りが浅くなってしまいます。


また、脳内の塩分が多くなると、

脳の神経のバランスが崩れて、

非常に敏感に反応するようになります。

眠っているのに、脳が過敏に反応するので、

眠りが浅くなってしまいます。


こういったことが相まって、不眠症が発生します。

塩分摂取の場合、入眠にはほとんど影響ありませんが、

中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒。

これらは確実に発生しやすくなってしまいます。

眠りたいのに眠れない・・・

これは結構辛いものです。




夕飯の塩分に気をつけよう!


夕飯の塩分に気をつけよう!


塩分のとりすぎが体に良くないことは誰でも知っていると思います。

高血圧になってしまいますよね。


もちろん、普段から塩分抑制を意識していれば良いのですが、

睡眠の場合は塩分抑制を睡眠に効果的にするには、夕飯が大事です。

朝や昼ならまだ良いのですが、

夕飯で塩分を大量に摂取するのだけは避けましょう。

それだけでも睡眠が深くなるのを体感できます。



塩分を摂取を減らしたところで睡眠が深くなる

というわけではないのですが、

普段から塩分摂取の多い人は、ダイレクトに眠れるようになると思います。

極端に塩分を減らす必要はありませんが、

過剰摂取だけは気をつけましょう。






更に効果的に不眠症を改善したい場合はこちらをチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ