不眠症対策に昼寝をする


不眠症対策に昼寝をする

3点


「10点(効果大) > >  > 1点(効果小)」




不眠症対策に昼寝をする?


不眠症対策に昼寝


こう言っても大半の人は疑ってかかると思います。

だって、昼寝をすると夜に目が冴えて眠れなくなりますもんね。


でも、不眠症の人はちょっと違うのです。

不眠症の人って、疲れ過ぎたり、

精神的に疲れたときにも眠れなくなってしまう人がいます。

そういった場合は入眠は良いのですが、

夜中に何回も目が覚め、朝方になると眠れなくなってしまうのです。

「疲れているのだから、もっとたくさん眠らないといけない!」

そういう思いが眠りを浅くさせてしまうのです。。。




では、どうやってその疲れを取り去るか?


どうやってその疲れを取り去るか?


不眠症の人って、疲れを取るのが難しい。。。

どうすれば疲れが取れるでしょうか?


残念ながら、眠る以外に疲れを取り去る方法はありません。

ということで、やはりたくさん眠るしかありません。

昼でも夕方でも構いません。

思い切って20−30分ほど昼寝してしまいます。


横になっても、テーブルに伏せてもなんでも良いです。

とにかく昼寝です。

なんとなく頭がスッキリしますよね。

それが夜の快眠のサインです。




では、早速いつもどおり寝てみましょう


早速いつもどおり寝てみましょう


昼寝をしても、夜遅くまで起きたりとか、

早起きをしようと思ってはいけません。

とにかくたくさん寝ることを考えます。


するとびっくり。

普通に入眠できるし、夜中に目が覚めたり、

朝方目が覚めて眠れなくなることもありません。




その翌日はまた昼寝?


その翌日はまた昼寝?


昼寝をして快適な夜の睡眠を体験できたら、

やはり翌日も昼寝をします(笑)

その翌日も夜ぐっすり眠れます。


この方法が成功するのは、万年寝不足だった人ですね。

疲れすぎて眠る体力が無かっただけと思います。


眠ると更に眠れるって、意外な盲点ですよね。

ということで、私も今は毎日昼寝をしています。

昼休みに20−30分昼寝するのが本当に待ち遠しいのです。


昼寝して、夜もたっぷり眠る。

不可能な人も多いとは多いとは思いますが、

健康のためにも睡眠は十分に取りたいですよね。


もし可能であれば一度昼寝してみてください。

毎日が快適になりますよ!


能であれば一度昼寝してみて


普段から身も心も疲れている人は、

昼寝をすると疲れが取れて夜もぐっすり眠れるようになります!

ぜひ一度お試しください!


毎日の昼寝を日課に!



不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ