お酒を控えめにして不眠を予防



○飲酒は不眠の大敵

⇒3点

中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害に有効!





お酒は睡眠導入剤では?


お酒は睡眠導入剤では?


お酒を睡眠導入剤代わりに使用する方って結構多いと思います。

確かに酒を飲むと眠くなります。

バタンキューで大きないびきをかいて眠っていませんか?

でもでも!

お酒は入眠には役に立ちますが、明らかに眠りは浅くなるので、

使い方を間違えないように気をつけましょう!




良質な睡眠を得るには?


良質な睡眠を得るには?


まずは深い睡眠について。

睡眠は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)が

交互に繰り返されるのが良質な睡眠ですね。

1.5時間で1サイクル。

これを数回繰り返して、自然に目がさめるのが理想的です。


ところが、飲酒、特に深酒をして眠りについた場合、

アルコールを分解するため体、特に肝臓がフル稼働して、

深い眠りが減少してしまいます。

夜中に目が覚めたり、朝方早くに目が覚めたり。。。


浅い眠りが続くと、脳や体をしっかりと休息させられず、

朝起きても疲れが残ってしまいます。


疲れが残るから、またお酒を飲んでごまかして、

翌日も浅い眠りに。。。

こういったパターンで不眠症に陥る人も多いのではないでしょうか。




夜中のトイレも近くなる!


夜中のトイレも近くなる!


アルコールを摂取すると、脱水症状になります。

アルコールを分解するために、体内の水分が消費されてしまうためです。


その結果、トイレが近くなります。

睡眠中に何回も尿意によって目が覚めるのは

不眠症には大敵ですよね。


脱水症状は不眠の大敵です。

別のページで書きましたが、

睡眠をしっかりとるには、水は飲みすぎくらいの方が良いのです。

夜中、眠っている間には体中の老廃物を

循環させて排出するために、水分が必要になります。


酒を飲むと水分不足になってしまいます。

脱水症状で喉が渇いて目が覚めてしまうこともあり、

余計に眠りは浅くなってしまいます。




お酒は睡眠にメリット無し


お酒は睡眠にメリット無し


結局のところ、不眠症の人はお酒を飲んで寝てはいけません。

もし普段からお酒を飲む習慣がある場合は、

一度飲酒をせずに布団に入ってみてください。

深い眠りが得られることと思います。





不眠症を改善したい場合はこちらをチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ