部屋を暗くして交感神経のバランス化。快眠できる?


部屋を暗くして快眠を。

0.5点


「10点(効果大) > >  > 1点(効果小)」




部屋を暗くして快眠を


眠る1時間前くらいは部屋を暗くすると寝付きが良くなる。。。

不眠に悩む人なら、一度くらいは耳にしたことがあるでしょう。


YAHOOで不眠の類で検索をすると、

必ずと言っていい程、この「寝る前に部屋を暗くしておく」方法が出てきます。


先述の「太陽光を浴びて体内時計をリセット」

と同じくらいの有名な方法だと思います。


確かに、これくらいなら簡単にできますよね。

部屋を明るくしすぎなければ良いわけですから。


電気を1つ少なくして暗くしたり、

電球を暗いタイプに変更するでもOKです。



ということで、実際に部屋を暗めにしてみましたが、

う〜ん。

ほぼ快眠効果はありませんでした。



もともとそんなに部屋を明るくしていないせいでしょうか?

入眠にも、中途覚醒や、早朝覚醒に関しても

全く変化なしです。



ただ、一般的には部屋を暗くすると、

副交感神経が有利になって安眠できるのだそうです。


確かに、あまりに明るすぎる部屋にいたら、

目が冴えるのだと思います。


そうすると、その後暗い部屋に行ったところで、

すぐに眠るのは難しいのでしょう。




あまりに部屋を明るくしている場合は、

入眠が難しくなる場合がある・・・

くらいのイメージで良いのでしょう。



もしアナタがこれを実践して眠れるようになったら、

恐らくアナタの部屋は今まで明るすぎたのでしょう。


ただ、しっかり眠りたいからと、

暗い部屋で本を読んだり、スマホをいじったりするのは、

目によくありませんので、注意して下さいね。


もっとも、眠る前にスマホをいじるのは不眠には最も悪いことです。

電子機器は交感神経を狂わせ、寝付きが悪くなるし、

眠りも浅くなります。


眠る前は、読書などしてできるだけゆっくり過ごして、

心を落ち着かせるように心がけましょう。



それだけでも睡眠の質はだいぶ上がることには間違いありません。

それでも改善しない場合は、

ほかにも睡眠を深くする方法はたくさんあるので、

こちらで確認し、1つずつ試してみて下さい。


基本的に睡眠薬以外の方法あh、

副作用もなく、安心して取り組むことが出来ます。



「眠る前の部屋は暗め」も一応実践すると

効果的だと思います。


不眠症を市販の睡眠薬を使わず改善した方法!タダの手法〜サプリ トップページ

FX業者