夕飯を減らすとぐっすり眠れる


ご飯の量を減らす

5点!


「10点(効果大) > >  > 1点(効果小)」



食べ過ぎは睡眠を浅くします。

夕飯を減らして朝までぐっすり眠りましょう!


夕飯の食べ過ぎは眠りを浅くします



お金をかけない中では最も効果が高かった方法です!


「ご飯」と表現しましたが、具体的には夕飯。

夕飯の量を減らすと睡眠が深くなり、朝まで目が覚めにくい。

これって、案外知られていないと思います。



私も正直言って、この話を聞いた時は全く気にもとめませんでした。

しかしながら、仕事の忙しかったある一週間、

夕飯を食べるのが面倒で軽く済ませていたところ、

毎日睡眠が深かった
のです。


逆に、暇だった翌週は時間があるからと

ガッツリ夕飯を食べたら・・・

眠れない!

特に炭水化物を少なめにした時

満腹すぎて寝付きは悪いし、朝は早く目が覚める。

しかも寝起きが超ダルい!!!


これに気づいて以降、

夕飯の量を少なめにすることにしています。

特に炭水化物を少なめにした時は快眠効果が高いようです。


夕飯はガッツリ食べたいんだ!

という人は多いと思います。

その気持ちは痛いほどわかります。

なので、御飯の量を半分・・・いえ3分の2にするだけでも良いです。

本当に翌朝の目覚めが違います。



睡眠が深くなる理由についていろいろ調べたところ、

たくさん食べて眠ると、眠っている間も腸が働き続けて

疲れて眠れない
のだそうですね。


1000kcalを消化するにはフルマラソンを

走るくらいの体力を消耗するのだとか。



夕飯は一般的にガッツリ食べる人が多いと思われ、

1000kcalに近いエネルギーを摂取する人も多いと思います。

そういった人が夕飯を抜くと、

フルマラソン1回分くらいの

体力を温存できるということです。

炭水化物は、腸にとっては大敵

特に炭水化物は、腸にとっては大敵で、

非常に多くのエネルギーを要するようです。

また、脂肪も同様で、体は大量の消化酵素を

作り出さねばならず、全身が疲弊してしまいます。


逆にドレッシングを少なくしたサラダや、

刺し身のように、生のものを食べると、

消化酵素が少なくてすむので、体の負担は軽くなります。


夜は頑張って軽めの食事を心がけましょう。

夜は頑張って軽めの食事

いまでも、たまに眠りが浅い日があって、

よくよく思い出すと、大抵は前日の夕飯を食べ過ぎています。


夕飯の食べ過ぎを防ぐだけで眠れるって素晴らしいですよね。


食欲に打ち勝つのもなかなか難しいですが、

出来る人は試していただきたい方法です。


食費を減らして、メタボ予防して、

そして快眠を得る。

最も健康的な方法だと思いませんか???



不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ