ゆっくりお風呂に浸かってぐっすり快眠


○ゆっくりお風呂に浸かる

⇒2点

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害に有効!


温かいお風呂にゆっくりつかって、その日の疲れを癒やす


温かいお風呂にゆっくりつかって、その日の疲れを癒やす。

身も心もしっかり休めて、ぐっすり眠りたいですね!

ひどい不眠症の方には、焼け石に水かもしれません。

入浴自体に劇的な睡眠効果はありませんが、

お風呂に入ってスッキリすることで、睡眠の質を向上することは可能です!





入浴のメリット


入浴するメリットはたくさんあります


入浴するメリットはたくさん


1.温熱効果

お風呂に入ると体が温まり、血行がよくなります。

体が温まることで血管や毛細血管が拡大して、

新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促してくれます。

特に疲労物質である乳酸を排出して、疲労回復につながります。



2.水圧効果

お風呂のお湯に浸かると、体表面に水圧がかかります。

全身の内臓が刺激されて、内臓の運動が活発になります。

そして、普段は脚の血液を戻すには重力に逆らう必要があるのですが、

この水圧効果で脚の血液が心臓に戻りやすくなります。

血液やリンパの流れがよくなり、これも快眠につながります。



3.浮力効果

お風呂に浸かると、お湯の浮力効果が得られます。

体がふわっと浮いたような感じになり、心地よいですよね。

この感覚は脳がリラックスした状態になり、

やはり快眠にメリットがあります。




副交感神経を優位にして快眠を


副交感神経を優位にして快眠


交感神経と副交感神経。

交感神経は緊張状態、

副交感神経はリラックス状態を示します。

昼間は交感神経優位で良いですが、

夜は副交感神経にして、ぐっすり眠りたいものです。



お風呂はこの副交感神経を優位にすることができます。

特にぬるいお風呂にゆっくり半身浴すると、

副交感神経が優位になって、リラックス状態に。

入眠にも、夜間の覚醒にも効果があり、

ぐっすりと眠ることができるようになります。




入浴は睡眠にたくさんのメリットあり


入浴は睡眠にたくさんのメリットあり


このように、入浴は入り方さえ間違えなければ、

快眠に多くのメリットがあります。


しっかりお風呂に入っておかないと、

夜中、気持ち悪くて眠れない。。。

といった方も多いのではと思います。


ゆっくりお風呂に入って、スッキリして

快眠につなげたいですね。





ただ、冒頭でも記したとおり、

精神的に参っていて不眠症になっている方は、

入浴程度での改善は難しいので、こちらで不眠症対策を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不眠症を自力で解決!ストレス起因の入眠障害、中途覚醒でもスッキリ! トップページ